人に本を薦める

同僚がブログに「人に本を薦めるのは難しい」と書いていた。 そうなのである。が、僕にとっての理由はちょっと違う。 「何か読んでおいた方が良い本とかありますか?」というのは、「僕を見て何か忠告したくなることがあったら何でも言…

Nomadlandを見た

同僚に勧められてNomadlandという映画を見た。 僕には幾つか恐れているものがある。歳を取り、世界が変わり、自分の能力が全く無用の物になっていて、困窮している。家族は誰も残っておらず僕の事を気に掛けてくれる人はいない…

ワクチンについて調べて人類の叡智に感動した

僕はアメリカに住んでいて、来週二回目のワクチン接種をする予定だ。しかし、親族の多くは日本にいて、ワクチンのワの字も聞いたことがないというような状態だ。改めて問われてみると、どうして日本でワクチン接種が遅れているのか、よく…

優秀さについて

同僚からこれについてどう思うか、と聞かれた。元の文章が長く、様々なところについて色々思う所があるが、今日は一つに絞って書くことにする。 パズル解決能力 頭の良さの一つに、パズル解決能力がある。ある程度の複雑さを持った系が…

海外の会社にリモートワークで働く

今日、こんな記事を目にした。 僕は日本とアメリカのソフトウェア産業に橋を架けたいと思っているので、筆を執らずにはいられないテーマだ。給料の高い英語圏の会社の仕事をした方が有利だ、という趣旨の記事である。その通りだ。もっと…

作ってから考えよ

先日語ったEF66の台車について、一つ気になっていた事がある。 機関車が好きなのである 作る過程で、見えないものを随分と細かく作らされるのだ。例えば、ある工程で、大きな歯車を苦労して車輪にくっつけたと思うと、次の工程では…

機関車が好きなのである

ごっつければごっつい程良い。黒光りする巨大な鋼の塊が骨を震わす低音を唸らせ、君臨するような威圧感と存在感で列車の先頭に鎮座する、ゲームのボスキャラみたいなのが大好きである。これに比べたら車なんて軽薄で玩具のようだし、飛行…