大昔に自分が書いたプログラムが出てきた

投稿日:

高校時代の後輩が僕が当時書いたプログラムを見つけてくれた。山が崩れないように 字牌 を順番に取っていくというゲーム。 Windows 3.1 時代の16bit アプリなので現代の Windows では動かないが、僕は Linux 使いなのでWineで問題なく動かすことが出来た。

ソースコードもこちらに公開しておく。今ならもうちょっと抽象化の度合いをあげて実装すると思うけど、全体としてはそこそこ無難に実装されていて興味深く見た。必ずクリア出来るようなパズルが自動生成されるところなど、データ構造がよろしくなくて計算効率が悪いところを除けば、我ながら良く出来ているじゃないか。今度エンジニアのインタビューに使ってみようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です