クリエーションライン社の技術顧問を引き受けることになりました

投稿日:

ここ最近、日本とアメリカのソフトウェア産業に橋を架けようと色々な活動をしています。その縁で、今度、クリエーションライン社でも技術顧問の仕事を引き受けることになりました

クリエーションラインさんともお付き合いは長く、そもそもはCloudBeesでJenkinsの事業をやっている時に、日本でも導入・普及・コンサルティング・サポートなどを一緒に出来ないか、というお話が切っ掛けでした。この種の会社には珍しく、クリエーションラインさんにはLos Angeles在住の鈴木逸平さんという人がいて、アメリカの会社とちゃんと事業開拓をする体制が出来ていたのに関心したのを覚えています。

そして、クリエーションラインさんの面白いところは、ツールやソフトウェアのリセールだけじゃなくて、DevOpsやAgile支援、またソフトウェアの内製化を進めるコンサルティングを手がけているところです。

僕は、日本のソフトウェア産業とアメリカのソフトウェア産業の違いの多くがソフトウェアの内製か外注かという契約構造にあるんじゃないかと思っていて、その上でそれぞれの合理性を理解し、そこから次の一手を…と思っています。その問題意識の中で言うと、クリエーションラインさんの方針は、アメリカ式のソフトウェア作りを日本に持ってきて成功事例を作ろう!という事で、それは応援したい取り組みだし、僕の経験や知識も役に立てられるんじゃないかと思っています。

仕事や役割分担の仕方といったものは、言葉やスライドで幾ら習うよりも、実際にやってみるのが一番だと思うので、日本にうまくアメリカ的ソフトウェア開発のモデルが根付けば、そこで経験した人達が次の職場に花粉を広げて…となるかもしれないな、と。

楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です